ビックカメラが1/10に1Q決算を発表しました。会社予想に到達していませんでしたが、株価は上がりました。


ビックカメラが1/10に2020年8月期の第一四半期決算を発表しました。

売上高  前期比 +9.8 %
営業利益  〃  +48.5 %
経常利益  〃  +44.9 %
当期利益  〃  +46.1 %
1株利益 10.93円→ 16.19円

前期の純利益はマイナスだったのですが今期は40%以上上がりました!

消費増税前の駆け込み需要で冷蔵庫や洗濯機、テレビやパソコン、ゲーム等が良かったようで、スマートフォンやデジタルカメラ等が低調であったものの、総じて好調に推移したみたいです。
逆に言えば駆け込み需要なのでその反動で次回はどうなるか・・・ですね。(汗)

業績予想の修正は有りません。


経常利益の通期会社予想は、26,900百万円で1Q実績は4,814百万円と進捗率では 17.9%とちょっと足りなかったです。
コンセンサス予想では、25,755百万円で進捗率で 18.7%でした。


会社予想の
売上収益の進捗率は、23.0%
営業利益の進捗率は、16.9%
純利益の進捗率は、18.5%
になっています。
(1Qですので25%が目安です)

配当額予想の修正は無く、年間20円になっています。

予想EPSからの配当性向は22.9%でまあまあって感じです。
ちなみに優待を足すと一株70円相当になりますので、これだと80.0%になります。


で、発表翌営業日の株価は、+24円と上がりました。
会社予想より低かったのですが、上がって良かったです。😃


広告
企業の経営状況を的確に判断するために不可欠の知識をやさしく解説。随所に確認のための練習問題を収録。
決算書の見方・読み方 (「融資力」トレーニングブック) [ 酒井啓二 ]