テンポスHDが中間決算を発表しました。当期利益+85.5%でしかも業績上方修正付き!株価も翌日は↗


テンポスホールディングスが12/10に2020年4月期の中間決算を発表しました。

売上高  前期比 +2.3 %
営業利益  〃  +31.2 %
経常利益  〃  +36.9 %
当期利益  〃  +85.5 %
1株利益 35.19円→ 65.25円

純利益が85%も上がりました!!
前々期比も純利益は+85%でしたが営業利益は-12%だったので良い感じだと思います。

また、業績予想の修正もありました。
売上高は -3.2% 営業利益は +8.0% 経常、純利益は +14.7%と上方修正になっています。


経常利益の通期会社予想は、2,605百万円で2Q実績は1,401百万円と進捗率では 53.8%と達成しています。
ここはコンセンサス予想が無いので良いですね!!


会社予想の
売上収益の進捗率は、50.2%
営業利益の進捗率は、53.8%
純利益の進捗率は、61.8%
になっています。

配当額予想の修正は無く、年間10円になっています。
予想EPSからの配当性向は9.5%なので低すぎ〜〜って感じですが8,000円分の優待券が来るので良いかな。
ちなみに優待を足すと一株90円になりますので、これだと85.2%になります。

で、発表翌日の株価は、+77円と大きく上がりました。
が!翌々日には50円以上下げてしまいましたのでこの発表での株価は実質+20円位でしょうか。


飲食店向け機器販売店舗を運営する株式会社テンポスバスターズや大手飲食企業向け厨房設計施工を行うキッチンテクノ株式会社の物販事業の売上高は前年同期比+7.8%、営業利益は同+32.2%。

EB通販と飲食店向け情報ポータルサービスを運営する株式会社テンポスドットコム、飲食事業主を支援する会社である株式会社テンポスフードプレイス、他の情報・サービス事業の売上高は前年同期比-6.5%、営業利益は同+60.9%。

ステーキレストランを運営する株式会社あさくま及び株式会社あさくまサクセッションや海鮮丼の店舗を運営しております株式会社ドリームダイニングなどの飲食事業の売上高は前年同期比-0.2%、営業利益は同-0.7%。

テンポスHDは「ドクターテンポス」という活動を行っているようです。
これは、「新規開業後の5年後生存率が45%となっている飲食業界において、それを90%まで引き上げることを目標に、飲食店経営者の支援を行っております。」とのことです。
このノウハウを生かしてステーキのあさくま、ビュッフェレストランファーマーズガーデン、モツ焼きヱビス参等の飲食店の運営を支援しているみたいですね。


PR
あさくまコーンスープの「のどごし」をさらに良くいたしました。守るべきことは守り、常に改良しつづけています。「あさくまならでは・・・」のこの味はもう40年以上つづいています。

あさくまコーンスープ

価格:4,730円
(2019/12/12 10:43時点)
感想(29件)